楽天証券の口座開設。簡単で短時間。だが、しかし…私の失敗

こんにちは、kuzです。

証券口座の開設を楽天証券で行うことにしました。

理由は、

・普段、楽天の利用をしているから

・簡単に短時間で開設できるから

2つ目について私の失敗を共有します。

この投稿では、

  • 楽天証券の口座開設方法
  • 私の失敗談
  • 楽天銀行の口座開設方法
  • マネーブリッジ設定方法

を記載します。

楽天証券の口座開設方法

上記理由で、楽天証券での口座開設を行うことにしました。

インターネットで、

楽天証券 口座開設

と検索すると、

楽天証券で口座開設-口座開設キャンペーン中

というページがあるので、

クリックします。

2023年5月現在は、

このページに入ります。

中央下:いますぐ口座開設

右上 :口座開設

でも

次のページに入ることが出来ます。

楽天会員の方

楽天会員ではない方

のどちらかから入って、

メールアドレス登録(楽天会員の方不要)をします。

本人確認書類(運転免許証またはマイナンバーカード)の選択をします。

スマートフォンでQR読み取り(PCからの場合)をします。

本人確認書類の撮影、本人撮影、お客様情報の入力をします。

口座の種類選択、NISA口座の選択、その他選択(※1)をします。

ログインパスワードの設定をします。

審査(2~3週間)かかります。

口座開設完了です。

※1

口座の種類選択とは、

特定口座(源泉徴収あり)確定申告が不要(楽天に任せる)
特定口座(源泉徴収なし)自分で確定申告
一般口座(源泉徴収なし)自分で計算して確定申告

上記表から選びます。

基本的には一番上の

特定口座(源泉徴収あり)

が最も簡単でおすすめです。

NISA口座の選択

つみたてNISAを開設年間投資金額40万円(月33,333円)で20年間非課税
NISAを開設年間投資金額120万円(月100,000円)で5年間非課税
開設しない利益の20%が課税対象

つみたてNISAでは、投資信託での投資が可能です。

NISAでは、上場株式、公募株式投資信託などの投資が可能です。

また、2024年に新NISAというのが始まります。

つみたて投資枠と成長投資枠があり、

つみたて投資枠が年間120万円

成長投資枠が年間240万円であり、

1,800万円が生涯非課税で、うち成長投資枠が1,200万円という制度です。

しかし、2023年現在上記表のNISA口座を選択し、

運用した金額は、新NISAの1,800万円の

枠外という扱いになりますので、

2023年から始めるのは、

新NISAでもたつかない為にも

とてもおすすめです。

最後に楽天銀行の口座を持っていない方は

楽天銀行口座も併せて解説することで、メリットがあります。

私の失敗談

インターネットで調べて、

実際に開設を進めていく事は、

本当に簡単でした。

しかし、私はまだマイナンバーカードを持っていなかったため、

通知カードでの登録を試みました。

私は、引っ越しをしていた為、

スマホ撮影での登録が出来ませんでした。

マイナンバーカードの進捗を確認しても、

順番待ちということしか分からなかった為、

アプリ提出を色々試してみた後、

郵送で提出するを選択し、

1週間程度で回収封筒が届きました。

その1週間で、通知カードのコピーと住民票のコピー

準備しました。

そこから3週間ほどで

Thank you レター 初期設定ガイドが

簡易書留で届き、

口座開設が出来ました。

開設手続きから、

開設まで合計6週間ほどでした。

マイナンバーカードが手元にあれば、

引っ越ししていなければ、

すぐに郵送で提出を選んでいれば、

ほとんど最短での開設が可能でした。

楽天銀行の口座開設方法

楽天銀行のホームページに入ったら、

右上の口座開設ボタンを押します。

楽天会員かどうかで、

ログインして簡単申込みするか申込み手続きを進めるを選択します。

キャッシュカードの選択をします。※2

口座の利用目的で当てはまるものを選択します。

本人確認書類の選択をします。(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、住民票、その他)

提出方法の選択をします。(アプリ、配達員、郵送)※3

関連サービスの申し込みをします。(特に必要なし、必要なら申し込みます)

反社会的勢力に関する表明、確約に同意し、確認画面へを押します。

パスワードの設定と申込みの最終確認をします。

登録したメールアドレスに、

登録キーとアクセスキーが記載されたメールが届きます。

ログインできるようになります。

※2 キャッシュカードは2種類から選びます

デビットカード付キャッシュカード・・・口座残高から即時引き落とし

クレジットカード付キャッシュカード・・・一カ月分を翌月まとめて引き落とし

デビットカードの方が人気ではありますが、

お好みで大丈夫です。

また、カード会社も色々選べますが、

年会費や特典などから、

お好みの選択をしてください。

※3 提出方法

アプリ運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、住民基本台帳、カード型健康保険証、在留カード、公共料金の徴収書等、各種年金手帳
配達員運転免許証、マイナンバーカード、パスポート
郵送住民基本台帳、カード型健康保険証、在留カード、公共料金の徴収書等、住民票の写し、印鑑登録証明書の原本、各種年金手帳

アプリは、2種類の提出が必要ですが、すぐに終わります。

アプリでの提出ですが、

楽天銀行のアプリを獲得します。

登録番号、アクセスキー、生年月日の入力をして、次へを押します。

提出する本人確認書類の確認画面で、書類の確認をし、次へを押します。

撮影する画面に入ったら、指示通り撮影し、提出するを押します。

本人確認書類提出完了画面が出たら、完了です。

内容に不備がなければ、Thank you レター 初期設定ガイドが簡易書留で数週間に届きます。

口座利用前の初期設定

Thank you レターが届いたら、

Thank you レターを使って、口座の初期設定を行います。

初期設定ガイドに記載された、

初期ユーザーIDと仮パスワードを使って楽天銀行にログインします。

楽天銀行のホームページを開きます。

ログインを押します。

初期ユーザーIDと仮パスワードを入力します。

初期ユーザーIDを希望のユーザーIDに変更し、ユーザーID変更ボタンを押します。

ログインパスワードの変更を行い、変更ボタンを押します。

楽天銀行の暗証番号を設定し、暗証番号設定を押します。

ワンタイム認証の設定の為、受取用のメールアドレスを入力し、ワンタイムキー送信ボタンを押します。

メールが届いたら、ワンタイムキーを入力して、認証ボタンを押します。

合言葉の設定で、質問と回答を3セット入力し、次へを押します。

設定完了です。

マネーブリッジ設定方法

楽天証券と楽天銀行の口座を保有すると

マネーブリッジという機能が使えます。

マネーブリッジとは、

1.自動入出金を行うことが出来る

2.楽天銀行で優遇金利が受けられる

など多くのメリットがあります。

楽天証券の口座ページに入ります。

マイページの並びにマネーブリッジがありますので、押します。

設定状況を見ると、未設定となっている方は、

その右の設定するを押します。

自動入出金サービスの設定も行います。

設定状況を見ると、未設定となっている方は、

その右の設定するを押します。

中央の自動入出金を設定するにします。

楽天証券と楽天銀行に残しておく金額を設定します。(※4)

楽天証券の取引暗証番号を入力し、設定変更を押します。

再度、マネーブリッジに入ります。

マネーブリッジが設定済みになっていることを確認します。

スクロールし、ハッピープログラムの右詳細を押します。

ハッピープログラムにエントリーを押します。

楽天銀行のページに入り、指示通りに入力するとエントリーが完了します。

コメント